リハビリテーション

かなリハ NEWS

理学療法とは

病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。
また理学療法士及び作業療法士法第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

金沢整形外科クリニックの理学療法

当院のリバビリテーションでは、患部だけでなく全身の能力を重視し、理学療法士による姿勢や動作のチェックをもとに筋力トレーニングやバランス訓練、体の使い方の指導、テーピングなどを行なっています。
スポーツ疾患や腰痛などの整形疾患、手術後のリバビリテーションまで幅広く実施しており、また超音波や電気治療機器などによる治療も行なっています。

よい姿勢とは
  • この中でどれが良い姿勢だと思いますか?

  • 整形疾患において、仕事中や日常生活での姿勢は大変重要な要素となってきます。普段何気なくとっている姿勢が、実際には膝や腰に負担を与えてしまっている場合が多くみられます。当院のリハビリでは患者様の持っている姿勢の癖や特徴から、負担の原因となっているものを的確に評価し、一人一人に合うリハビリを実施しております。

受診からリハビリテーションまでの流れ


診察

院医師による診察によりリハビリテーションの要否を判断します。


予約

リハビリが必要と判断された場合はリハ室に移動し予約を取ります。
当日に空きがあれば、その日からリハビリを開始します。


開始

当院理学療法士による評価・治療をおこないます。


治療

また、運動療法だけでなく超音波や電気治療機器などを用いた治療も並行して行っていきます。


指導

当院でのリハビリだけでなく、ご自宅でも行っていただけるような運動も指導させていただき、予防・改善を目指します。
リハビリスタッフ


注意事項
  • 動きやすい服装でお越しください
  • リハビリ開始時間の10分前までにお越しください
  • リハビリの予約変更・キャンセルはリハビリ室専用電話にご連絡ください

TEL:070-1376-2096

  • 予約可能時間は午前診9:00~12:40午後診16:00~19:40までとなります

 


 

スポーツ健康アカデミー

小学校の中学年から高学年にかけては『ゴールデンエイジ』と呼ばれ、運動神経が発達しやすく、スポーツにおいても上手くなるための大事な時期です。またこの時期のケガは放っておくと、中高校生のスポーツにおいても影響を与えてしまうケースをよく見かけます。そこで、当クリニックでは理学療法士・トレーナーが身体の専門家としてスポーツを頑張る少年・少女をサポートしていきます!!

対象:小学校3~6年生の児童とその保護者

 日時:約2カ月に1度の頻度で開催(下に記載)

 基本的には土曜日14時~15時

スケジュール予定

 

● 第1回【フットケア ~足のアーチ作り~】 H30年5月12日(土)New!!!

  足のアーチ強化によりケガ予防、バランス向上、動きづくりを図ります

● 第2回【フットケア ~成長期のケガ予防~】 H30年7月14日(土)

  成長期に起こりやすいケガを学び、予防やリハビリを実践します

● 第3回【コンディショニング①】 H30年9月

  正しいウォーミングアップやクーリングダウンを行います

● 第4回【コンディショニング②】 H30年10月

  スポーツを行った後のケアやリカバリーを行います

● 第5回【パフォーマンス向上①】 H31年1月

  体幹、バランス能力向上を図ります

● 第6回【パフォーマンス向上②】 H31年3月

  ランニング、アジリティー(敏捷性)向上を図ります

※ 1回のみでの参加可能           

※ 各回受付は約1か月前から開始 別紙にて案内

かなリハ NEWS

研修会2018/9/9 金沢整形外科クリニックかなくり研究会第2回研修会『歩行障害について』
国際医療福祉大学大学院教授 石井 慎一郎先生のセミナーを開催をします。



※クリックするとPDFでご確認いただけます。

 

トレーナー活動 2017/1/21 リハビリテーション課 和智道生、岡恭正が「天皇盃 第23回 全国男子駅伝」に「京都府」トレーナーとして帯同しました。

1月21日に「広島」で行われた「天皇盃 第23回 全国男子駅伝」に、当院リハビリテーション課の和智道生、岡恭正がトレーナーとして帯同しました。

 

トレーナー活動 2018/1 リハビリテーション部 岡、野口が平成29年度第96回全国高等学校サッカー選手権大会に「草津東高校サッカー部」のトレーナーとして帯同しました。

平成29年12月30日~平成30年1月8日に「関東近郊」で行われた「平成29年度第96回全国高等学校サッカー選手権大会」に、当院リハビリテーション部の岡、野口がトレーナーとして帯同しました。

 

研修会報告 2017/12/17 さとう整形外科病院 赤羽根良和先生による研修会を開催しました。

2017/12/17(日曜日)、当院にて研修会を行いました。講師赤羽根良和先生をお招きし、「解剖・機能解剖学的にみた腱板術後の評価と運動療法」について実技を交えながら講義していただきました。

 

イベント 2017/11/19 第8回施設対抗フットサル大会に出場しました。

フットサルポイント守山にて行われた第8回施設対抗フットサル大会に当院のスタッフが出場しました。
16チームが参加し、当院は上位リーグまで勝ち進みましたが、ベスト4で惜しくも敗れました。
優勝は甲西リハビリ病院でした。おめでとうございます。

 

トレーナー活動 2017/11 リハビリテーション部 岡、野口が全国高校サッカー選手権大会滋賀県予選に「草津東高校サッカー部」のトレーナーとして帯同しました。

10月21日~11月18日に「滋賀県」で行われた「全国高校サッカー選手権大会滋賀県予選」に、当院リハビリテーション部の岡、野口がトレーナーとして帯同しました。
また、12月30日から行われる全国高校サッカー選手権大会に帯同予定をしております。

 

トレーナー活動 2017/11 リハビリテーション部 小西、野村が全国高校サッカー選手権大会滋賀県予選に「守山高校サッカー部」のトレーナーとして帯同しました。

10月21日~11月18日に「滋賀県」で行われた「全国高校サッカー選手権大会滋賀県予選」に、当院リハビリテーション部の小西、野村がトレーナーとして帯同しました。

 

学会報告 2017/11/12 リハビリテーション部 中田康平が「第57回 近畿理学療法学術大会」にて発表しました。

11月12日に滋賀県、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、ピアザ淡海で行われた「第57回 近畿理学療法学術大会」に、当院リハビリテーション部の中田康平がポスター発表しました。
 この研究は、理事長 金沢伸彦、院長 山本亨、同部 岡恭正、滋賀医療技術専門学校講師 治郎丸卓三先生と共同で取り組み、「膝関節伸展速度変化による大腿四頭筋の筋活動パターン変化」について研究を行いました。これらの結果から、膝関節伸展速度の増加にて大腿直筋の筋活動が有意に減少し、中間広筋の活動が有意に増大することが明らかになりました。

中田康平 ポスター発表(PDF 973KB)

 

学会報告 2017/11/12 リハビリテーション部 森健児が「第57回 近畿理学療法学術大会」にて発表しました。

11月12日に滋賀県、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、ピアザ淡海で行われた「第57回 近畿理学療法学術大会」に、当院リハビリテーション部の森健児がポスター発表しました。
 この研究は、理事長 金沢伸彦、院長 山本亨、同部 中田康平、野村瞬、滋賀医療技術専門学校講師 藤谷亮先生、治郎丸卓三先生と共同で取り組み、「体幹姿勢を変化させた際の肩甲骨下制運動中の肩甲骨周囲の筋活動パターン-前鋸筋下部線維における肩甲骨下制作用に着目して-」について研究を行いました。これらの結果から、前鋸筋下部に肩甲骨下制作用が認められ、また胸腰椎後彎位姿勢において前鋸筋の筋活動の有意な増加が認められました。

森健児 ポスター発表(PDF 947KB)

 

トレーナー活動 2017/10/26-11/4 リハビリテーション部 兵頭が秋季総合体育大会(ウインターカップ予選)に草津東高校女子バスケットボール部のトレーナーとして帯同しました。

10月26日~11月4日に秋季総合体育大会(ウインターカップ予選)に、当院リハビリテーション部の兵頭がトレーナーとして帯同しました。

 

ページの上に戻る